ヒゲ脱毛口コミ体験談 →レーザー脱毛とは


レーザー脱毛とは

レーザーの光は赤色や茶色、黒色などある特定の色にだけ反応します。そしてその特定の色にだけ熱を加え組織を破壊することができます。

今日ではこのレーザーの光の特徴を応用して様々な分野でレーザー機器が活躍しています。美容外科だと、シミやソバカス、ほくろをとる技術にレーザーが使われています。

最初にレーザー脱毛の機械が発明されたのはアメリカです。96年にメラニーグロスマンという博士が発表した脱毛理論を利用してルビーレーザーが開発されました。このルビーレーザー、メラニンの少ない白人には有効的な脱毛でしたが、メラニンの多い日本人がルビーレーザーを使って脱毛をすると肌にトラブルを起こしました。

そこで、日本人向けに開発されたレーザー脱毛の機械がアレキサンドライトレーザーです。物理学者であるフルモト博士により開発されました。このアレキサンドライトレーダーにより、日本人もトラブルなくレーザーによる永久脱毛ができるようになりました。

レーザー脱毛の仕組みは、皮膚にレーザーを当てます。すると毛を通して熱が毛根に届き、毛を作る組織を破壊するというものです。毛を作る組織が破壊されたために、毛は生えてこなくなります。毛を作る組織が頑丈な場合、一回のレーザーで破壊することはできません。しかしダメージを受けているために、太くて丈夫な毛ではなく細い毛が生えてきます。

濃いヒゲが気になると言う人は、何度かレーザーを当てて、毛を少なくしたり薄くしたりするのも可能です。

レーザー脱毛が行われる前の永久脱毛法は針脱毛によるものでした。針脱毛は針を毛穴に刺して電気を流すという行為なので、ある程度の技術が必要です。未熟な人間が針脱毛を行うとトラブルも起きます。また、時間もかかります。さらに痛みも強いです。

しかし、レーザー脱毛が誕生したおかげで、少ない痛みで永久脱毛を受けられるようになりました。また、レーザー脱毛は針脱毛のような技術が必要ないので、未熟な人がレーザー脱毛による脱毛処理を行って、患者さんの肌にトラブルを起こしてしまったと言うことがありません。やり方さえ覚えれば、誰でも簡単に扱える、それがレーザー脱毛の機械です。