ヒゲ脱毛口コミ体験談 →日焼けすると脱毛できない 


日焼けすると脱毛できない

医療用レーザー脱毛は、黒い色に反応し、そこに熱を照射します。つまり皮膚にメラニン色素が多いと、そのメラニン色素に反応し、レーザーによる熱が毛根に届きにくくなります。

また毛根に熱が届きにくくなるため、うまく脱毛ができません。さらに皮膚がやけどをしたり、水ぶくれになることもあります。

ハワイで楽しい夏を過ごした、毎日外でテニスをしている、実は私ガングロギャルという人は、医療用レーザーによる脱毛はできません。色が白くなるまで待ってから脱毛をすることになります。

ちなみにどれくらいで元の肌の色に戻るのかというと、最低1ヶ月ほどかかるようです。しかし、安全に医療用レーザーで永久脱毛をするのであれば、さらにそこから2ヶ月ほど時間をおいてから脱毛するのがベストです。

なぜなら、見た目には色が元に戻ったとしても、日焼けによる皮膚の下のメラニンはまだ残っているかもしれないからです。

ヒゲ脱毛をしたいのに、3ヶ月も待てない!という人は実際にクリニックに行って医師と相談して下さい。このとき、一人の医師だけの意見を聞いてすると、判断に間違いがあるかもしれませんので、セカンドオピニオンではありませんが複数の医師に尋ねてみると良いかもしれません。